結婚式場によって披露宴会場の広さが異なりますが、結婚式場を決める前に参列いただくゲストの人数の把握は難しいかもしれません。そのため、ブライダルフェア などで結婚式場選びの際は、ざっくりでも人数を計算しておいて探されることをおすすめします。

 

さて、結婚式場が決まり披露宴の招待客も決まったら、会場のレイアウトと席次を決めていかなければなりません。
来賓や親族、友人などの席次を決めていかなければなりませんが、席次や肩書きの付け方にもマナーがあります。

席次表

席次について

席次は結婚式においてコミュニケーションを図り、式を円滑に進めるための大切な要素の一つですので、ここでご紹介していきます。

席順表の目的

席順表の目的は、結婚式に招待されたゲストが自分がどこに座るかを確認するためのものですが、自分が座る位置によってもどのくらい重要に思われているかを知ることができます。
またゲスト同士を紹介するという意味もありますので、ゲスト同士が交流を深めることができるように配慮してあげなければなりません。

上座の位置について

新郎新婦様が座る席のことを高砂席と言い、高砂席から近い席が上座になります。
上座は主賓や上司などの目上の方から順に決めておくと良いでしょう。
上座から上司、先輩の順に先に決めておき、次は同僚や学生時代の順に決めておきます。テーブル席にも上座がありますので、テーブル席にも気を配らなければならないでしょう。
テーブル席の席順は新郎新婦様に近い位置が上座になります。

下座の位置について

高砂席から一番遠い席が下席になり、ご家族がそこに座ります。その中でも一番末席がご両親の席になります。

席の配置について

高砂席に向かって左側を新郎関係者の席、右側を新婦関係者席として、席順を決めていきます。
あまり面識のないゲストが集まるテーブルには、話し好きな方がいらっしゃると、披露宴の演出内容によっては、さらに盛り上がるかもしれません。
また高齢のお客様や妊娠されている方、お子様連れの方は、可能であれば、途中退席のしやすいお席を用意できると喜ばれます。

席順の最終チェックはプランナーに確認

席順は最初に自分たちで決めておき、最終チェックは式場担当者のウエディングプランナーに相談して確認されると良いでしょう。

肩書きについて

結婚式の席次表ではお名前に肩書きを付けていきます。
肩書きがあるとお互いに相手がどのような立場の方であるかが分かりますので、お互いを知るきっかけになります。

身内の敬称は不要

また席次表には名前に様を付けておきますが、父母、未婚の兄弟姉妹、同居中の祖父母には敬称を使わないマナーです。
参加者の小学生ぐらいまでのお子様には、「ちゃん」や「くん」を付けておきます。

会社関係者の肩書きについて

会社関係者の方で社会的地位の高い方の場合、企業名と部署名、役職名を略さずに書きましょう。
部長クラス以上の場合は役職名まで書いておきます。それ以下は、新郎会社上司や新郎会社先輩、新郎会社同僚にします。
勤務先が会社以外の場合は職場に置き換えて肩書きを書きます。

ご友人の肩書きについて

ご友人の肩書きは基本的に「新郎(新婦)友人」で統一します。

親族の肩書きについて

親族の肩書きは、新郎新婦様との関係で付けていきます。
新郎叔父や新郎従兄妹、新郎甥と肩書きを付けていきます。
親族は親族関係の肩書きは付けますが、社会的な肩書きは付けないのが基本ですが、付けても問題はありません。ゲストの家族が参加する場合は、○○様お子様となります。
親戚の肩書きで悩んだら、お互いのご家族様に確認するのが一番です。
また新郎新婦様の兄弟とその婚約者が出席する場合は、たとえば新婦弟婚約者と肩書きを付けると良いでしょう。
こうした肩書きを付けるとご家族の婚約者も家族のテーブルに一緒に座れます。

風習によって席次表に肩書きを付けない場合も!

基本的には席次表には肩書きや敬称を付けるのですが、中には地域の風習や結婚式場の方針で肩書きや敬称を付けないこともありますので要注意です。
そのため、両親や結婚式場の担当者に確認することが大切でしょう。
席次表は下書きができた段階で、最後にウエディングプランナーに最終チェックをしてもらうのが一番確実です。
一番行ってはいけないのは、席次表に間違えた名前を載せてしまうことですので、何度も確認を行うことが大切でしょう。

テーブル配置例

テーブルの配置については結婚式場によって違いがあります。
テーブルの配置や位置についてはウエディングプランナーに相談しておくと良いでしょう。

散らし型

新郎新婦様席でもある高砂席の前に丸テーブルをバランス良く配置したスタイルが散らし型と言います。
散らし型のメリットはどこに座っても新郎新婦様の姿がよく見えるということです。
ゲストも同じテーブル席の方とゆっくり会話をすることができます。
散らし型の場合、中央の円卓テーブルに新郎様側主賓と新婦様側主賓が座り、上座から席順を埋めていくことになります。

散らし型テーブルセッティング

くし型

高砂席から向かって縦に長いテーブルを垂直に配置したスタイルがくし型と呼ばれています。
くし型のメリットは、散らし型よりも多くのゲストが座れるという点です。人数の多い披露宴にはふさわしいというメリットがあるのですが、ゲスト同士が話しづらいというデメリットがあります。一番前方の席が上座に当たり、末席は一番後ろの席になります。

くし型テーブルセッティング

まとめ

いかがでしたでしょうか?席次や肩書きのマナーを守れば、ゲストも新郎新婦様も気持ちよく結婚式を迎えれらます。
大人数の結婚式をお考えの方や、アットホームに身内だけの結婚式をお考えの方もいらっしゃると思います。
ルミエランジェ・ガーデンでは、新郎新婦様の希望に合わせたコーディネートを紹介させていただきます。
参加人数が把握できない方でも、何度でもブライダルフェアに参加いただけるので、その都度お見積もりも発行させていただきます。
お気軽に相談に乗れるブライダルフェアを開催しておりますので、ぜひ一度足を運んできてくださいね。
高砂にいる新郎新婦

フェアのご案内

ルミエランジェ・ガーデンの魅力を体感!フェアはこちら↓↓

妊娠中の方もフェアにご参加いただけますのでお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

ルミエランジェ・ガーデンの
SNSをフォロー

instagram