• 結婚式場は何ヶ月前までに予約が必要?見学から段取りと流れ

    結婚式場は何ヶ月前までに予約が必要?見学から段取りと流れ

プロポーズを受けて、両家の顔合わせも済んで「さぁいよいよ結婚式場を探そう!…でも結婚式場って何ヶ月前から予約すればいいのかしら?」そんな疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

結婚式は人生の一大イベント。妥協しないで希望どおりの良い結婚式を挙げたいですよね。

そこで、これから結婚式場を探そうとする方に向けて「結婚式場は何ヶ月前から予約すればいいのか」「どうやって予約するのか」をわかりやすくまとめました。

ぜひ読んで頂き、結婚式場選びの参考にしていただければと思います。

「結婚式場は何ヶ月前から予約すればいいのか」「どうやって予約するのか」をわかりやすくまとめました。

結婚式場の予約は何ヶ月前に行うべき?

1年前

1年前から予約をしておけばほぼ確実に希望の日程が選べます。

人気の結婚式場はすぐ予約が埋まってしまうので、縁起のいい日などこだわりがある方は早ければ早いに越したことはありません。

また、準備期間もたっぷり取ることができるので、じっくりと準備を進めることができます。

しかし、結婚式までの期間が長いので、準備途中で疲れてしまったり中だるみしてしまうこともあります。

もっと集中して準備を進めたい!という人はもう少し遅くてもいいかもしれません。

9ヶ月前

この時期であれば、まだ希望の日程を選ぶことができます。

日付にこだわりがある方はこの時期までには結婚式場を決めておきたいですね。

準備もゆっくりと進められます。

半年前

最近ではこの時期に結婚式場を決めるのが主流となっています。

この時期から準備を始めると効率よく準備を進めなければならないですが、逆に具体的なスケジュールが立てやすくなります。

しかし、人気の結婚式場や土日、大安といった人気の日付は埋まっていることも多く、希望の日程が選べなくなるというリスクもあります。

結婚式場を予約する流れ

結婚式場を予約する流れ

だいたいの希望をまとめる

まずは以下の様な内容を話し合い、ざっくりとした希望をまとめましょう。

いつ頃に挙げるか

結婚式にもオンシーズン・オフシーズンがあり、一般的に春・秋が人気で、夏・冬は閑散期となります。

料金も時期によって変わり、春・秋は高くなり、夏・冬は安くなります。

予算なども考えて結婚式を挙げる時期を決めましょう。

どこで挙げるか

・今住んでいる場所

・お互いの地元

・お互いの地元の中間地点

・思い出の場所

・国内や海外のリゾート地

など選択肢がたくさんあります。

招待客をどうするかによって結婚式を挙げる場所も変わってきます。

挙式スタイル

大きく3つのタイプに分かれます。

 

・教会式

チャペルで行い、新婦様はウエディングドレス、新婦様はタキシードを着用します。

最もスタンダードなスタイルで、結婚式と言えばこの教会式を想像する方も多いかもしれません。

 

・神前式

神社や結婚式場の神殿で行う日本の伝統に沿って行う式です。

新婦様は白無垢、新郎様は黒紋付と袴を着用するのが一般的です。

 

・人前式

宗教や場所を選ばず、参列者全員に立会人になってもらう事ができ、特に決まった形式もなく、自由なスタイルで結婚式を挙げることができます。

神に誓う、賛美歌を唄うなど儀式的なことに魅力を感じないカップルが増えています。

お二人だけのオリジナルの結婚式や披露宴ができると人気が高まっており、人前式を選ぶカップルが急増しています。

候補の結婚式場

挙げる場所や予算、挙式スタイルが決まったら候補の結婚式場をピックアップしましょう。

今はインターネットで調べることができるので、いろいろと比較・検討ができます。

結婚式場の一括見積もりサービスもありますので、うまく活用するとよいでしょう。

結婚式場の見学に行く

候補の結婚式場が絞れたら、実際に見学しにいきましょう。

多くの結婚式場が土日・祝日にブライダルフェアを開催しています。

ブライダルフェアでは、挙式会場・披露宴会場の見学だけではなく、料理の試食やウエディングドレスなど衣装の試着ができるケースがほとんどです。

また、結婚式の具体的なイメージも付きやすいので一度は足を運んでみることをおすすめします。

実際にいくつかの結婚式場に足を運んで、気に入った結婚式場があったらまずは仮予約をします。

本予約になると料金が発生しますが、仮予約の段階ではまだ無料です。

押さえておける期間の目安はだいたい一週間程度です。

複数の結婚式場を仮予約で押さえることも可能ですが、マナーとして23ヶ所にとどめておきましょう。

見学当日にその場で成約を執拗に迫る会場は、あまりいい噂を聞きません。

大切なご両家のスタートでもある結婚式だからこそ、仮予約が出来てご両親と相談できる等、良心的な対応をしてくれる会場を選びましょう。

結婚式場を正式に予約する

仮予約後、最終的な検討をして結婚式場の正式な予約となります。

本予約をすると、以降のキャンセルには料金が発生してしまいます。

納得できるまでしっかりと検討した上で本予約することをおすすめします。

本予約をすると、以降のキャンセルには料金が発生してしまいます。

まとめ

「結婚式場は何ヶ月前から予約すればいいのか」「どうやって予約するのか」についてご紹介しました。いかがだったでしょうか。

結婚式は人生の一大イベントですので、しっかり比較・検討して素敵な結婚式場を選びたいですね。

「いろいろ考えてみたけど、やっぱりイメージがつかない!」そんな方は実際にブライダルフェアに足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

ルミエランジェ・ガーデンでは、あらゆるお客様のご要望にお応えする挙式や披露宴のプランをご提供しています。

また、バリエーション豊富な挙式会場・披露宴会場とさまざまなテーマに沿ったブライダルフェアを開催しています。

ぜひお気軽にお越しください。(https://www.lumie.co.jp/fair/

フェアのご案内

ルミエランジェ・ガーデンの魅力を体感!フェアはこちら↓↓

妊娠中の方もフェアにご参加いただけますのでお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

ルミエランジェ・ガーデンの
SNSをフォロー

instagram