• 結婚式はゲスト参加型で盛り上がるリボンを使った演出方法5選

    結婚式はゲスト参加型で盛り上がる!リボンを使った演出方法5選

結婚式をゲストと一緒に楽しみたい!という新郎新婦様におすすめしたいのは、ゲストを巻き込んだ「参加型」の演出です。
ゲストを巻き込む結婚式の演出は盛り上がることはもちろん、一体感とお祝いムードも高まります。
そして今回ご紹介するのは、見た目の可愛さと意味が結婚式にぴったりなリボンを使ったゲスト参加型の演出。
リボンには「結ぶ」という意味があり、新郎新婦様の愛はもちろん、ご家族やゲストの方々との絆をつないでくれる縁起のいいアイテム

 

絆をリボンでつなぐ幸せな結婚式を、ゲストと楽しむ参加型の演出で叶えてください。

絆をリボンでつなぐ演出

感謝のしるしになる「ウエディングロゼット」

ウエディングロゼット

「ウエディングロゼット」とは、リボンで作ったウエディング用の勲章のこと。
ロゼットはもともとフランス語で「小さな薔薇」を意味する言葉で、ヨーロッパでは古くからゲストを敬うアイテムとして利用されてきました。
結婚式では、ゲストに感謝の気持ちと幸運の訪れを願って使われるようになっています。

 

新郎新婦様とゲストのお揃いのウエディングロゼットは、衣装に統一感が生まれ、結婚式の一体感を高める演出になります。
同じものを身につけた集合写真は、とっておきの結婚式の思い出の一枚に
また、ウエディングロゼットは席札としてもおすすめ。結婚式の披露宴会場のテーブルでスタンバイしてゲストをお迎えします。カラフルなウエディングロゼットならテーブルも華やかに演出してくれます。

 

ウエディングロゼットはリボンを使って100均のアイテムだけ簡単に手作りできるので、DIYも人気です。ゲスト全員分は大変な作業ですが、心をこめてウエディングロゼットをつくる時間はきっと一生の宝物になるはずです。

ブーケについたリボンをひっぱる「ブーケプルズ」

ブーケプルズ

「ブーケプルズ」とは、新婦様が持つブーケに複数のリボンを結び、合図と同時に一斉にリボンを引いてもらう、くじ引き形式でブーケを渡す演出です。
主に参加するのは新婦様とゲストの独身女性、若い女性の多い披露宴では根強い人気です。

 

ブーケに繋がるリボンは一本だけなので、手元のリボンが幸運のブーケに繋がっているか、参加ゲストはドキドキ感が楽しめます。新婦様を中心に放射状に立って合図を待つゲストの様子は華やか見守るゲストの方々にも楽しんでもらえる結婚式の演出です。

新郎様と男性ゲストが主役「ブートニアプルズ」

ブートニアプルズ

プロポーズの返事の象徴でもあるブートニア。最近の結婚式では、新郎様のタキシードを華やかにコーディネートするアイテムとして人気で、衣装の小物としてはおなじみになりつつあります。そんなブートニアを男性ゲストへの幸せのおすそ分けとしてアレンジした「ブートニアプルズ」はいかがでしょうか。

 

「ブーケプルズ」は新婦様と女性ゲストが中心のリボンを使った結婚式の演出ですが、「ブートニアプルズ」なら男性ゲストも楽しめます
「ブーケプルズ」と「ブートニアプルズ」をセットで演出するのがおすすめです

人前式で人気!ゲストと一体感が生まれる「リングリレー」

リングリレー

「リングリレー」とは、結婚式で結婚指輪を長いリボンに通し、新郎新婦様の元へゲストがリレーして届ける演出です。人前式では自由にプログラムをアレンジできるので、新郎新婦様の結婚を承認するセレモニーとして「リングリレー」は人気があります。
結婚の象徴ともいえる結婚指輪が、ゲストの方々のお祝いの気持ちと一緒に新郎新婦様の元へ届けられるシーンは印象的で、ゲストとの一体感も生まれます。またリボンの終着地点で、それぞれのお母様が指輪を受け取って新郎新婦様に運ぶ演出のフィナーレも感動的なシーンです。

 

リングリレーをする時は事前に席を決めておく

「リングリレー」のおすすめの方法は、結婚式でゲスト席のバージンロード側に最後列から最前列まで続く長いリボンを用意し、最後列から最前列まで指輪を回していきます。この場合「リングリレー」に参加するのは、挙式会場のバージンロード側に座っているゲストの方々。あらかじめお願いしたいゲストを決めておくとスムーズに進行できますよ。

 

「リングリレー」に使用するリボンはサテンなどすべりやすい素材ならスムーズに進行します。リボンの色は、新婦様のブーケの色と合わせたり、運命の「赤」い糸、サムシングブルーの「青」、花嫁の純真さを表す「白」などがおすすめです。他には、ハートや星などの模様が入ったもの、和風の組紐などを使って新郎新婦様らしさを出すこともできます

キュートなものからスタイリッシュなものまで人気の「リボンシャワー」

リボンシャワーのリボン

結婚式の演出として人気の「フラワーシャワー」。そのリボンバージョンが「リボンシャワー」です。「リボンシャワー」は、宙を舞うたくさんのかわいらしいリボンがお二人の前途を祝福してくれます。挙式を済ませて挙式会場から出てくるお二人をゲストが「リボンシャワー」で出迎えると祝福ムードも最高潮に達します!

リボンの色や素材で独自の雰囲気を演出する

「リボンシャワー」であれば、リボンの色や素材を選んで、独自の雰囲気が演出できます。例えばリボンをサテンなどの光沢のある素材に統一すればと大人っぽくスタイリッシュな雰囲気に、チュールなどの柔らかい印象の素材を使ってたくさんの色を組み合わせれば、キュートな雰囲気が演出できます。

 

使うリボンはたっぷり用意して、華やかな結婚式のシーンを演出したいですよね。結婚式当日をイメージしながらリボンを結ぶ作業は楽しい時間に、もしDIYが難しいときには購入することもできます。「リボンシャワー」に必要なリボンのボリュームに迷ったら、プランナーに相談しましょう。

リボン付きのスティックがお二人を祝福する「リボンワンズ」

リボン付きのスティックリボンワンズ

ワンズとは英語で「杖」のこと。スティックの先などにリボンがついているアイテムは「リボンワンズ」と呼ばれます。結婚式でゲストはこの「リボンワンズ」を振って新郎新婦様を祝福します。人前式なら、挙式後の退場シーンに限らず、宣誓した新郎新婦様を認証する拍手の代わりの祝福アイテムなど、挙式中も活躍してくれます。

 

「リボンシャワー」は、リボンが宙を舞う一瞬に祝福の気持ちを込める可愛い演出ですが、「リボンワンズ」なら長い時間振りながらお祝いができます。簡単に自作もできるので、新郎新婦様らしさあふれる演出にできることもポイント。他にもウエディングフォトの撮影や披露宴のイベントでも使えるため、結婚式をより華やかにできます。

リボンワンズを自作する時はひと工夫加えるとより魅力的

「リボンワンズ」をDIYするポイントとして、ひとりひとりにメッセージを添えるのも◎。リボンの素材選びはもちろん、星などお好きなモチーフをプラスしたり、ベルを付けたワンズなら音で祝福するシーンを演出、アレンジは無限ですね。

リボンを使った演出で迷ったらブライダルフェアへ

新郎新婦様とリボン

今回はゲスト参加型のリボンを使った結婚式の演出方法を5つご紹介しました、いかがでしたか。
新郎新婦様とゲストとの絆を確かめあいながら、楽しく華やいだムードづくりに活躍するリボンを使った結婚式の演出。とてもリーズナブルにできることもあって人気があります。

 

神戸の結婚式場「ルミエランジェ・ガーデン」では、これから結婚式を挙げるプレ新郎新婦様に向けたブライダルフェアを開催しています。リボンを使った演出についてはもちろん、気になる事があればなんでもお気軽にご相談ください。大切なゲストと一緒に楽しめる結婚式のプランをたくさん用意してお待ちしております。

フェアのご案内

ルミエランジェ・ガーデンの魅力を体感!フェアはこちら↓↓

妊娠中の方もフェアにご参加いただけますのでお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

ルミエランジェ・ガーデンの
SNSをフォロー

instagram