• 結婚式の曲はこれで決まり!おしゃれなウエディングソングまとめ

    結婚式の曲はこれで決まり!おしゃれなウエディングソングまとめ

結婚式の準備を進める中で、意外と難しいのがBGMの選曲です。

音楽が好きで普段からたくさんの曲に触れている人だとしても、結婚式となると話は大きく変わりますし、何を基準にどのような楽曲を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、結婚式をおしゃれに彩るウエディングソングについてまとめてみました。

どんな場面でどんな曲を流すと感動的なのか、盛り上がるのか、一緒に考えていきましょう!

 

結婚式で流す曲を選ぶ流れ

結婚式入場

どんな結婚式にしたいか考えよう

音楽には、聴く人の気分を盛り上げる力があります。
映画を観ていて、クライマックスのシーンで素晴らしいBGMが流れ出すと感動がより大きくなり、鮮明に心に残りますよね。

これは結婚式でも同じでカジュアルかフォーマルか、明るい雰囲気か落ち着いた雰囲気かなど、指針となる方向性を定めてから、結婚式のプログラムや披露宴会場の雰囲気に見合った曲を選ぶようにしましょう。

 

候補の曲をリストアップする

方向性が決まったら、いよいよ曲選びです。

新郎新婦様の好みの曲、結婚式の定番曲、タイムリーで流行っている曲など、様々な角度から使用楽曲の候補を挙げ、リストアップします。

iThunesを始めとした楽曲を豊富に取り揃えているサイトを参考にすると作業が進めやすいです。

 

リストアップした曲をシーンごとに当てはめる

候補の楽曲を多めにリストアップしたら、次はそれらの曲を流すシーンを決めていきます。

結婚式ではいくつかBGMを流すシーンがあり、シーンによって曲の選び方が異なるので、歌詞や曲調を考慮して相応しい場面に当てはめましょう。

詳しくは次の項目で解説します。

結婚式で曲が流れるシーンは?

入場

新郎新婦様の入場シーンでは、お二人の進行に合わせて盛り上がるドラマチックな雰囲気の楽曲が好ましいです。

結婚式によってお二人が一緒に入場するパターンと、別々に入場して合流するパターンがあり、基本的には扉が開く瞬間やお二人が合流する瞬間にサビが来るように調整すると盛り上がります

 

乾杯

結婚式の開宴を告げる乾杯のシーンでは、華やかでボリュームのある楽曲がよく使用されます

ゲストによる「乾杯!」の合図に合わせて、華々しいファンファーレが披露宴会場に響き渡るイメージですね。

歌い出しから盛り上がるボーカル曲や、荘厳な雰囲気のクラシック曲など、スタイルに合った曲を選択してください。

 

ケーキ入刀

結婚式の中でも1番のシャッターチャンスとなるケーキ入刀のシーンは、新郎新婦様の好みで自由度の高い選曲がされる事が多いようです。

ノリの良いJ-popや思い入れのあるクラシック曲など、選び方は千差万別。

ケーキ入刀の後にファーストバイトやその他の演出があれば、2~3曲を順番にかけるパターンもあります。

ケーキ入刀の新郎新婦

 

お色直し後の入場

最初の入場シーンと同様、新郎新婦様が扉を開ける瞬間に盛り上がる楽曲が使用されます。

お二人とも衣装の雰囲気を変えるのであれば、BGMの楽曲もガラリとイメージを切り替えるとメリハリが付いて良いでしょう。

お色直しを何度か行うのであれば、合わせて楽曲もいくつか用意してください。

 

テーブルラウンド

新郎新婦様がゲストのテーブルをサーブして回るテーブルラウンドでは、会話の妨げにならない上品な楽曲が好まれます

しかしながら、テーブルラウンドは全体的に時間がかかるので、中弛みさせないためにテンポの良い曲が選ばれる事もあるようです。

 

手紙を読むシーン

披露宴後半のクライマックスで、感謝の言葉を伝える手紙を読むシーンがあります。
最近は歌ありの曲を選ばれる方も増えていますが、せっかくの手紙の内容が、親御様やゲストの皆様の心にスッと入って来るように、歌詞のない楽曲が良いのではと思います

しっとりした雰囲気になりがちなシーンですが、最近では笑顔で感謝を伝えたいという思いから明るい雰囲気を演出する人たちも増えています。

ゲストと抱き合う新郎新婦

退場

新郎新婦様の退場シーンは、結婚式の演出によって選曲の傾向が分かれます。

優雅で気品のある曲を選ぶ人もいれば、直前の手紙のシーンや花束贈呈のシーンと雰囲気を変えるために明るくテンポの良い曲を選ぶ人もいらっしゃいます。

結婚式の流れを汲み取りつつ、演出に会った楽曲を選んでください。

 

おしゃれなウエディングソング3選

 

安室奈美恵/「Just You and I」

引用元:YouTube)

ドラマの主題歌にもなった最新の楽曲。

ピアノとヴァイオリンを軸にしたクラシカルな伴奏と、芯のある美しい歌声が結婚式にぴったりです。光が溢れる輝かしい未来を想像させてくれます。

 

高橋優/「産まれた理由」

引用元:YouTube)

結婚式のために書き下ろされた楽曲です。

新郎新婦様それぞれのご両親の結婚があったからこそ今の自分たちがある。

感謝の気持ちを伝えるのに打って付けな優しい曲になっています。

結婚式のために書き下ろされた楽曲です。新郎新婦様それぞれのご両親の結婚があったからこそ今の自分たちがある。感謝の気持ちを伝えるのに打って付けな優しい曲になっています。

 

エド・シーラン/「Thinking Out Loud(シンキング・アウト・ラウド)」

引用元:YouTube)

欧米の披露宴では、新郎新婦様が新しい人生の門出にダンスを披露する「ファーストダンス」という伝統的な習慣があり、日本でも徐々に浸透し始めています。Thinking Out Loudは、そんなファーストダンスの際に圧倒的な人気を誇る曲です。

70歳になっても変わらない愛を誓う歌詞も素敵ですね。もちろん、普通にBGMとして使用するのにもおすすめです。

まとめ

結婚式退場シーン
結婚式での曲選びについてご紹介しました。

BGMも雰囲気を作り上げるための大切な要素です。参列した全ての人の心に強く残る感動的な結婚式になるといいですね

神戸ルミエランジェ・ガーデンでは、あらゆるお客様のご要望にお応えする挙式や披露宴のプランをご提供しております。
より一層印象深い結婚式となるよう、今流行りのBGMや、どういった結婚式にしたいかによっておすすめの曲をご紹介させていただきます。

また、バリエーション豊富な披露宴会場を見学いただけるブライダルフェアも実施中です。お気軽にご予約ください

フェアのご案内

ルミエランジェ・ガーデンの魅力を体感!フェアはこちら↓↓

妊娠中の方もフェアにご参加いただけますのでお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

ルミエランジェ・ガーデンの
SNSをフォロー

instagram