• 結婚式で身につけると幸せになれる演出♡サムシングフォーとは?

    結婚式で身につけると幸せになれる演出♡サムシングフォーとは?

結婚式をお考えのプレ花嫁様なら、身につけると幸せになれるサムシングブルーをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

 

このサムシングブルーは、結婚式で花嫁様が4つのものを身に着けると幸せになれると言われている「サムシングフォー」の内の1つなのです。
そこでサムシングフォーとはいったいどういうものなのか、
幸せな花嫁様になるための演出として、自分らしく取り入れるにはどうしたら良いのかをご紹介します。

青い花のブーケを持つ新婦と新郎

サムシングフォーとは?幸せになりたい気持ちは万国共通

結婚したら幸せな一生を手に入れたいと思う気持ちは万国共通です。
サムシングフォー は、元々ヨーロッパの言い伝えだと言われており、日本でも幸せな花嫁になるために取り入れる方も増えてきています。この4つのものを、結婚式で花嫁様が身に着けると幸せになれると言い伝えられています。

 

「サムシングオールド(なにか一つ古いもの)」
「サムシングニュー(なにか一つ新しいもの)」
「サムシングボロー(なにか一つ借りたもの)」
「サムシングブルー(なにか一つ青いもの)」

サムシングフォー

実際にはどんなものを選べばいいの?

サムシングオールド(なにか一つ古いもの)

サムシングオールドには祖先から受け継がれてきた伝統や財産という意味があります。

 

これから始まる結婚生活が豊かになるように、ヨーロッパの女の子はおばあ様やお母様から譲られたジュエリーを身につけ、代々受け継がれてきた花嫁衣裳を身にまとうという伝統の家系もあります。

お母様から譲られたジュエリー

実際におばあ様やお母様が結婚式で使用したものでなくても、
家族からお借りしたものを身につければ「幸せになってね」と思う気持ちを受け取るようで、結婚式も落ちついて望むことができそうですよね。小さなブローチやハンカチが取り入れやすそうです。
和装を予定している方は、帯留やかんざしなどはいかがでしょう。

サムシングオールド

サムシングニュー(なにか一つ新しいもの)

サムシングニューはこれから始まる新婚生活が幸せになるようにという意味を込めて、新品のものを身につけます。
白いものが良いとされているので、結婚式当日に新しく身につけるものとして、下着やブライダルシューズ 、グローブなどで取り入れてはいかがでしょうか?

サムシングニュー

サムシングボロー(なにか一つ借りたもの)

サムシングボローとは、現在幸せな結婚生活を送っている人から幸運を分けてもらうという意味があります。
結婚されている方で、お二人の憧れるご友人や兄弟姉妹から何かお借りしましょう。
仲良しのお友達の間で、リングピローを順番に引き継ぐ方もいらっしゃいます。
幸せのバトンを受け継ぐようで素敵な演出ですよね!
リングピローと合わせて挙式会場でのリングガールもお友達にお願いしてみては?

サムシングボロー

サムシングブルー(なにか一つ青いもの)

サムシングブルー

青という色は、幸せを呼ぶとされてます。
青い鳥が幸せな象徴としてヨーロッパではイメージされており、聖母マリアのシンボルカラーとしても知られています。
忠実さ、信頼さ、貞操、清らかさを表す色ですので、人目につかない場所に青いものを身につけると良いとされています。
そのためヨーロッパでは、ガーターベルトに青いリボンを身につける習慣が今でも残っているそうです。

サムシングブルー

シンデレラのお話でも、魔法使いのおばあさんが用意してくれたドレスはブルーのドレスでしたね。
王子様と幸せな結婚をするシンデレラのように、ブルーのウエディングドレスを纏うのも憧れます。
シンデレラのような素敵なウエディングドレスはこちら↓↓
https://www.lumie.co.jp/disney/cinderella/

 

またルミエランジェ・ガーデンが行っているブルースターウエディングであれば、青い満天の星々に囲まれたサムシングブルーの挙式ができます。青色は女性の肌を白く美しく見せる効果もあるんですよ。
青い光に包まれた素敵な結婚式なんていかがでしょうか?
挙式会場はこちらからご覧いただけます↓↓
https://www.lumie.co.jp/ceremony/bluestar/

ブルースターウエディング

知ってた?サムシングブルーやサムシングフォーの由来

マザーグースの歌

実はサムシングブルーやサムシングフォーの由来は、イギリス童謡のマザーグースが元になっています。
動揺の歌の数は1000曲以上もあり、古くから受け継がれてきました。
そのため世代を超えて、皆になじみがある歌なのです。

 

なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの(Something old, something new,)
なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの(something borrowed, something blue,)
そして靴の中には6ペンス銀貨を(and a sixpence in her shoe.)

6ペンス銀貨と新郎新婦

マザーグースの歌に合わせて6ペンス銀貨を靴の中に

結婚式の際、ヨーロッパの花嫁様は左側の靴に6ペンス銀貨を1枚忍ばせておくそうです。
こうすることでお二人がいつまでも豊かに暮らし続けることができるという言い伝えがあります。
お金を入れておくことで、お金に困らないという意味があるのかもしれませんね。
現在は6ペンス銀貨は製造されていないため、ブライダルグッズを販売しているお店などで購入することができるようです。
おまじないですが、一生お金に困らないという願いを込めて試してみてはいかがでしょうか?

靴に6ペンス銀貨を1枚忍ばせて

まとめ

サムシングフォーや6ペンス銀貨は、マザーグースの童謡が元になっているおまじないのようなもの。
おばあ様から代々子孫に伝えられている素敵なおまじないですよね。
長い歴史の中で続けられてきたものですので、試してみる価値は十分ありそうです。


神戸の結婚式場ルミエランジェ・ガーデンなら、サムシングフォーを取り入れた演出を行うこともできますよ。
幸せになって欲しい気持ちが詰まったサムシングフォー。
そんな素敵な結婚式をあげていただけるよう、プランナーがご提案させていただきます!
なんでもご相談ください。ブライダルフェアでお待ちしております♡

フェアのご案内

ルミエランジェ・ガーデンの魅力を体感!フェアはこちら↓↓

妊娠中の方もフェアにご参加いただけますのでお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

ルミエランジェ・ガーデンの
SNSをフォロー

instagram