• ペットウエディングで愛犬も一緒に結婚式を!演出や準備方法を解説

    ペットウエディングで愛犬も一緒に結婚式を!演出や準備方法を解説

最近ではペットも大切な家族の一員という意識が高く、レストランや宿泊施設もペット同伴が可能な場所が増えています。
ご実家で子供の頃から一緒に育ったペットがいる新郎新婦様はとくに家族同様の愛着を持っていらっしゃるでしょう。

 

そこで最近話題になっているのが、大好きなペットも一緒に参列できる「ペットウエディング」。

 

ウエディングにぴったりなイメージの街としてブライダル事業に力を入れている神戸市には、ペットウエディングが可能な結婚式場が10ヵ所以上もあります。(自社調べ)
神戸にお住まいでペットを飼っている方が挙式をする場合、ぜひペットウエディングを視野に入れてみることをおすすめします。

 

神戸の結婚式場「ルミエランジェ・ガーデン」のペットウエディングでは、プレ花嫁様、花婿様の大切なペットでしたら、どんなペットでも一緒に結婚式を挙げていただくことが可能です。今回はペットウエディングでも特に参列が多い愛犬と一緒に挙げる結婚式を中心に、演出や当日までの準備を紹介します。

専用席で待つ犬

 

ペットも結婚式のゲストとして招待!ペットに負担をかけない方法も可能

最近話題のペットウエディングでは、結婚式でペットと一緒に楽しみながらいろいろな演出を行える所が注目されています。
演出までは考えていないけれども、大切な家族なので結婚式や披露宴に参列させたい場合でも、ペットウエディングでは可能です。

披露宴を待つうさぎ

例えば挙式では、ブーケと一緒にペットには大きなバスケットに入ってもらい新郎様と参加や、披露宴では高砂にペットの席やゲージを用意するなど、ペットに負担をかけずに自然に過ごさせてあげる方法もあります。
「うちの子にはペットウエディングは無理かも…」、と諦めずにプランナーさんにぜひ相談してみてください。

 

ペットウエディングにおすすめの演出アイディア8選

最近話題なのは、ペットとバージンロードを歩いたり、リングドッグなどの演出が定番のペットウエディングですが、他にも結婚式でおすすめの演出がありますので、ご紹介していきます。

演出アイデア①
招待状に新郎新婦と連名でペットの名前を添える

招待状を加える犬

ペットウエディングが増えてきているとは言え、初めて参列される方も多いと思います。
年配の方などはちょっとびっくりされるかもしれませんね。そのため、ご招待の段階からペットウエディングであることを皆さんに周知しておくのはいかがでしょう。

 

招待状に、ペットの名前を新郎新婦様と連名で添えるのもユーモラスでいいですね。

演出アイデア②
ペットもタキシードやドレスでおしゃれに

タキシードとドレス姿のペット

せっかくのセレモニーですから、ペットにもいつもとは違った装いを用意したいものです。
ペットウエディングが可能な結婚式場にはペット用の貸衣装も数多く用意されているので、プランナーに相談してみましょう。

演出アイデア③
ウェルカムドッグとしてゲストをお出迎え

ゲストをお出迎えするウェルカムドッグ

披露宴の会場の入り口で、新郎新婦様と一緒にゲストをお出迎えします。
ゲストの皆さんも笑顔になるような役割を果たしてくれるでしょう。

演出アイデア④
ペットとともにバージンロードを歩く

バージンロードを歩く犬

愛犬や他のペットと一緒にヴァージンロードを歩く演出も人気です。この場合、

 

*新婦様のご実家の愛犬がお父様と一緒に新婦様をエスコート
*お父様がご事情で参列できない場合などにエスコートの大役を果たす

 

といった演出の方法があります。
また、結婚式当日には入籍や同居を始めていらっしゃるカップルの場合は、お二人と一緒にペットも入場される方法にすると微笑ましくていいですね。

演出アイデア⑤
リングドッグとして新郎新婦様に結婚指輪を届ける

愛犬が飼い主さんを見つけて大喜びで走ってくる姿は愛らしいもの。そんな素敵な演出が「リングドッグ」です。

リングドッグ

新郎新婦様が声を掛けるタイミングで、結婚指輪を運んで来てもらうという演出です。首に掛けたりカゴをくわえて持ってきてもらうなど様々な演出ができます。当日に多少のハプニングがあっても、参列者の励ましや温かい笑い声で一気に結婚式の場が和むことでしょう。

演出アイデア⑥
「証犬」として結婚証書に肉球を押してもらう

愛犬の肉球

最近のチャペルなどの結婚式では、結婚証書に新郎新婦様が自筆でサインをした後、お二人のご友人が証人としてサインをする人前式で人気のセレモニーがあります。もちろん公的な証明書ではありませんが、素敵な演出ですね。
この証人にサインをしてもらうところに、愛犬の肉球を押してもらう演出はいかがでしょうか。
小型犬ならその場で新郎新婦様が抱っこして押してもらうことも可能です。

 

当日には難しそうなペットにはあらかじめ押しておいて、「証人の〇〇ちゃんにはあらかじめサインをいただいております」などと司会者に言ってもらい、証書を掲げて皆さんにお見せするかたちもいいでしょう。

演出アイデア⑦
ゲストへのプチギフトを配るお手伝い

お色直しの後や披露宴がお開きになるタイミングで、新郎新婦様と一緒に、来てくださった皆さんへプチギフトを配るお手伝いをしてもらう演出も。
プチギフトを入れたかごをくわえてお座りする姿もかわいらしく、おすすめです。

演出アイデア⑧
ペットの得意なことを生かした素敵な演出

ボールキャッチが大好きな愛犬

ペットの大好きな遊びがあるなら、それを利用した演出もアイデア次第で可能です。

 

たとえばボールキャッチが大好きな愛犬の場合、あらかじめゲストにカラーボールとサインペンを配っておき、一言メッセージを書いてもらってかごに集めておきます。
そこに愛犬登場。大好きなボールを見つけ、ひとつくわえて新郎新婦様のもとに持って行きます。
愛犬が持ってきたボールにメッセージを書いてくださっていたゲストに、素敵な景品をその場で差し上げる、という余興です。
ゲストの方もゲーム感覚で楽しめるので盛り上がること間違いなしですよ。

ペットウェディングまでに準備しておきたい6つのこと

結婚式は、飼い主さんにとっては感動的な体験ですが、ペットにとってはいつもと違う環境で知らない人もたくさん。緊張したり、怖がってしまったらかわいそうですね。

 

そうならないために、事前に準備すべきことをご紹介します。

準備その①
結婚式場に連れて行って場所やスタッフに慣れてもらう

バージンロードで待機する愛犬

ペットウエディング可能な結婚式会場では、当日までペットウエディング専門のプランナーが担当するケースもあります。そうでない場合でも、打ち合わせにはできるだけペットも同伴して結婚式場の雰囲気やにおい、スタッフの方々に慣れさせる配慮をしましょう。

準備その②
結婚式場で手配できるものを確認する

控え室にいる愛犬

ペットウエディングを行う際には、事前に以下のポイントもよく確認して進めましょう。

 

*トイレはどうするのか
*新郎新婦様が着付けやメイクをしているときにペットはどうするのか
*お散歩できる環境はあるか

 

ご親族様とペットが過ごす場合は、ご親族様専用の控室にもペットが入室できるのか確認しておきましょう。
結婚式当日は、新郎新婦様は何かと忙しい…そのため、ご実家のペットの場合はご両親様と一緒にいる方が安心できる場合があります。

 

打ち合わせの際一緒に結婚式場に出かけていただき、ペットや愛犬用の備品や周辺環境について確認してもらっておくのも結婚式当日がスムーズかもしれません。

準備その③
家で衣装やシートに慣らしておく

ペットウエディングができる結婚式場には、ペット専用の高砂席となる椅子やシートが用意されています。お利口に座っていられるかどうか心配な場合は、遠慮なくスタッフやプランナーに相談してみましょう。

 

衣装の持ち出しができるようなら、当日まで何度か着せておくと安心です。

準備その④
当日の愛犬のケア

ペットシッターと愛犬

結婚式当日は本当に忙しいもの。とくに新婦様は、早朝からのメイクや着付けでペットに寂しい思いをさせてしまうかもしれません。とはいえ、当日の主役は新郎新婦様。ペットのお世話に追われてゲストの方々に失礼があってはいけません。

 

そのため、ペットウエディングのプランとして、プランナーやスタッフが、ペットシッターとして大切なペットのサポートをしてくれます。
当日初めての顔合わせではなく、事前にペットとも何度か過ごしてもらい信頼関係を結んでおけたらいいですね。

 

当日は演出のタイミングに合わせて挙式会場や披露宴会場に連れてきてくれたり、出番のない時間に散歩に連れ出してもらったりすれば、新郎新婦様も安心して過ごすことができます。

準備その⑤
ごはんやおやつのアレルギーを伝えておく

おやつを食べるフェレット

披露宴にはペット用のお食事も提供される場合が普通ですが、アレルギーや苦手なもの、食べさせてはいけない食材がある場合は事前に伝えておきましょう。
メインシェフが大の愛犬家で、自分の愛犬に試食させながら工夫した愛犬用のメニューが用意されている結婚式場もあるそうです。

 

当日は、ペットにもいつもとは一味違ったおいしい料理を楽しんでもらえるでしょう。

準備その⑥
カメラマンに希望を伝えておく

ペットウエディングの楽しみの一つは、新郎新婦様お二人だけでなく、ペットとの思い出も写真に残せることです。カメラマンと事前に打ち合わせるときには、どのようなシーンでペットを撮影してもらいたいかを伝えておきましょう。

 

たとえば、ペットを正面から撮るばかりでなく、ペットの目線で挙式会場の様子や、新郎新婦様を撮影してもらうなどの工夫をリクエストしてみてはいかがでしょう。

ブライダルフェアに参加して最高のペットウエディングに!

ペットウエディングと言っても、いろいろな演出があることがお分かりいただけたでしょうか。
ペットが家族の一員としてかけがえのない存在であることが、ゲストの皆様にも伝わる最高の機会になるといいですね。

新郎新婦と愛猫
そのためにも、ペットウエディングを専門に手がけている結婚式場で安心して準備したいものです。神戸の結婚式場「ルミエランジェ・ガーデン」では、ペットウエディングのブライダルフェアにペット同伴で参加するととおやつのプレゼントなどの特典があるお得なプランがあります!お気軽にお問い合わせの上ご参加ください。

フェアのご案内

『ペットウエディング』を体感!フェアはこちら↓↓

妊娠中の方もフェアにご参加いただけますのでお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

ルミエランジェ・ガーデンの
SNSをフォロー

instagram