• 結婚式を盛り上げる!プロフィールムービーの作り方と流れを紹介

    結婚式を盛り上げる!プロフィールムービーの作り方と流れを紹介

プロフィールムービーは、新郎新婦様の生い立ちやお二人の出会い、そして結婚に至るまでの道のりを紹介する映像演出です。お二人の子供時代やどのように愛を育んできたのかを紹介するので、笑いあり、涙ありの感動ムービーに仕上がります。招待したゲスト全員が楽しめるので、今や結婚式の定番演出として人気を集めています。

 

今回は、そんなプロフィールムービーの作り方と流れをご紹介します。

プロフィールムービー

PCかスマホか?プロフィールムービーの作成方法を選ぶ

プロフィールムービーを自作する

プロフィールムービーを自作するなら、まずはムービーの作成方法を選びましょう。方法は大きく分けて2つあります。

 

▶︎ 1つ目は、DVDライティング機能付きのパソコンで作成する方法です。編集用ソフトをインストールすれば、ムービー制作からDVDに焼き上げるまでの作業をすべて自分で行うことができるので、制作費を抑えることができます
編集用ソフトは1万円前後で購入可能。また、MacやWindowsに備わっているソフトを使って費用を抑える手もあります。

 

▶︎ 2つ目は、スマホを使ってムービーを制作する方法。編集用のスマホアプリを入れるだけで、簡単にムービーを作成できます。
DVDに焼き上げる作業は業者に頼まなければいけませんが、スマホユーザーならすぐにでも作業に取りかかれますし、ムービーに使用する画像もスマホで手軽に撮影できる(撮りためていた思い出の写真もすぐ使えますね)ので、パソコンを持っていない方や操作に不慣れな方はこちらの方法で作成するのがおすすめです。

ムービー制作に入る前に全体の構成を考える

プロフィールムービーの構成

作成方法が決まったら、実際にプロフィールムービーの制作に取りかかる前に、全体の構成を考えましょう。
特に決まったルールはないのですが、以下の流れで構成するのが一般的です。

 

1. オープニングタイトル
2. 新郎様のプロフィール
3. 新婦様のプロフィール
4. お二人の出会いのエピソード
5. 結婚にいたるまでのエピソード
6. ゲストへの感謝を込めたエンディング

 

新郎新婦様の生い立ちから結婚するまでの道程を時系列順にまとめた構成で、お二人がどのように生まれ育ち、出会い、結婚するに至ったかをまとめて紹介できます。ゲストにとってお二人のなれそめは興味深いことなので、盛り上がること間違いなしです。

 

なお、2と3のプロフィールについては、別々に紹介せず、時系列に合わせて交互に紹介するという手段もあります。子供、学生、社会人とそれぞれの時代のお二人を比較しやすいところがメリットです。

写真・画像はゲスト目線で選ぶと喜ばれる

ゲスト目線の写真

構成が決まったら、プロフィールムービーに使用する写真・画像を選びましょう。ポイントは、なるべくゲスト目線で選ぶことです。

 

主役は新郎新婦様ですが、ゲストの方々が共感したり、懐かしさを覚えたりできるよう、ゲストが一緒に写っている写真を取り入れると一段と盛り上がります。できればいつ、どんなときに、どこで撮影したのかをコメントで挿入すると、記憶が鮮明によみがえってきて、思い出話に花が咲きますよ。

 

新郎新婦様お二人の生い立ちがわかる写真と、出会ってからのお二人の写真に合わせて、背景を飾る画像や写真のフレーム、エフェクト用の動画素材などを活用すると、華やかなムービーに仕上がります。

全体のイメージに合わせたBGMを選ぶ

BGMを選ぶ

プロフィールムービーでは、映像とともにBGMを流します。どんなBGMを使用するかは新郎新婦様の好みで選んでOKですが、シーンごとにBGMを切り替えると、メリハリがついて本格的な仕上がりになりますよ。

 

また、BGMは全体のイメージやコンセプトに合わせて選ぶのがおすすめ
明るく楽しい雰囲気のムービーならポップな曲が似合いますし、逆に感動的なシーンを演出したいのならしっとりとしたバラード調の曲がふさわしいでしょう。

 

お二人の思い出の曲があれば、ちょっとしたコメントを入れて紹介しながら流すのもいいですね。

ムービー時間は少し物足りないくらいの5分程度が目安

プロフィールムービーの時間

新郎新婦様の生い立ちから出会い、結婚までの過程を余すところなく紹介しようと思うと、膨大な画像と時間になってしまいますよね。あまりに長丁場になるとプロフィールムービーに注目している間に料理が冷めてしまうケースも…。

 

「もう少し見たかった!」と感じるくらいがベストなので、時間にすると5~8分くらいが長すぎず短すぎないちょうどいい時間と言えるでしょう。

どのタイミングでムービーを流すかを決める

プロフィールムービーを流すタイミング

プロフィールムービーを流すタイミングも決めておきましょう。
どのタイミングで流してもOKですが、一般的には食事時に流すケースが多いようです。プロフィールムービーを見ながらだと、会話も弾みやすくなり、和やかに食事を楽しむことができるでしょう。

プロフィールムービーを見ながら食事

ほかには、新郎新婦様が入場するタイミングや、花嫁様が両親に手紙を読む直前に流すというケースも人気。お二人の生い立ちや成長を映像で振り返った後、ご両親に感謝を伝える手紙を読めば、感動もひとしおです。

 

ウエディングプランナーと結婚式の演出やテーマに合わせていつ流すのが最適か相談してみることをおすすめします。

完成したら披露宴会場で試写してみる

披露宴会場で試写

プロフィールムービーが完成したら、必ず披露宴会場で試写して出来映えをチェックしましょう。
ムービーがうまくできているかどうか確認するのはもちろんですが、自宅のパソコンやDVDプレイヤーでは問題なく見られたのに、結婚式場の機材では使えなかった…なんてトラブルが起こらないとも限りません。

 

ぶっつけ本番で流すのはリスクが大きいので、できあがったプロフィールムービーは本番と同じ披露宴会場で、同じ機材を使って一度試写するようにしましょう。

プロフィールムービーを自作するなら早めに準備を!

プロフィールムービーを自作

プロフィールムービーはわずか5分程度の映像ですが、写真や素材、BGMの選定や映像処理、編集などを一から手作りするとなるとそれなりの時間と手間がかかるので、早めに取り掛かかる事をおすすめします。

 

神戸の結婚式場「ルミエランジェ・ガーデン」では、結婚式本番のシミュレーションが体験出来るブライダルフェアも開催しています。
実際に行われる披露宴会場を訪れて、本番をイメージしてみては?

 

ルミエランジェ・ガーデンでは手作りVTRの持込料を頂いておらず、ブライダルフェアでは演出の相談も承っています。
まずは事前予約をしていただき、フェア当日に何でもご相談ください!ぜひお気軽にご参加くださいね。

フェアのご案内

ルミエランジェ・ガーデンの魅力を体感!フェアはこちら↓↓

妊娠中の方もフェアにご参加いただけますのでお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

ルミエランジェ・ガーデンの
SNSをフォロー

instagram