• タキシードだけじゃない!新郎の結婚式衣装を種類別にご紹介!

    タキシードだけじゃない!新郎の結婚式衣装を種類別にご紹介!

新婦様と同じく、新郎様にとっても結婚式は一生一度の晴れ舞台。しかし、さまざまな選択肢がある新婦様の衣装に比べると、新郎様の衣装はタキシードだけだから選び甲斐がない…なんて思っていませんか?

 

実は、新郎様の衣装はタキシード以外にもいろいろバリエーションがあるんです!

 

今回は、結婚式に着られる新郎様の衣装を4種類ピックアップし、その特徴やどんなシチュエーションにおすすめなのかをリサーチしてみました。

鏡をみる新郎

結婚式の定番「タキシード」

タキシードを着た新郎

まずは定番のタキシードから。もともとは正装である燕尾服で晩餐を楽しんだ後、喫煙したりくつろいだりするための簡易的な礼装として扱われていました。
ところが、現代では燕尾服を着用する人が減ったため、略式の礼装だったはずのタキシードが、実質的な正装として使われるケースも多くなっています

 

ドレスコードに厳しい欧米では、時間帯やシチュエーションによって礼服が区別されており、タキシードは夜のパーティに着用するのが一般的です。一方、日本では昼夜問わず着用してもOKという風潮になっています。
ちなみに、もとのタキシードはジャケットの丈が短いのですが、日本には丈の長い独自の「ロングタキシード」があり、新郎様の衣装として着用されています。

装い

白と黒でまとめるのが基本ですが、結婚式ではその限りではなく、グレーや白のジャケットを羽織る人も多いです。
ジャケットの襟は下襟が剣のように鋭くとがっている「ピークドラペル」と、

ピークドラペルのタキシード

切れ目のない「ショールカラー」の2タイプ。

ショールカラーのタキシード

前者は燕尾服の流れをくむスタイルなのでシックな印象を与えたい時におすすめ。
後者はスモーキングジャケットをアレンジしたタイプなので、若干カジュアルな印象となります。
格式的にはどちらも同じなので、好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

 

スラックスは側章が一本付いたもの。シャツは白無地で、ウイングカラーかレギュラーカラーのプリーツ付きのものを着用します。
前立てのボタンは見せないのがマナーなので、比翼仕様のものか、またはスタッドボタン仕様のシャツを着るのが一般的です。

 

小物は黒の蝶ネクタイにカマーバンドが主流ですが、色柄の蝶ネクタイをつけても良いでしょう。そのほかにも、黒蝶貝やオニキスのカフスをつけたり、シルクや麻の白無地チーフをつけたりもします。

カマーバンド

おすすめのシチュエーション

タキシードは新郎様の定番衣装ですので、どんなシチュエーションにもぴったりあてはまります。
「どんな服を着ればいいかわからない…」と迷った場合は、スタンダードなタキシードを選んでおくのもひとつの方法です。

 

お祝いの席ということで光沢のある素材のタキシードを着用するのもおすすめ。カラーは黒の他に白やグレーが主流ですが、最近は新婦様との相性を意識して、同色のベストやシャツ、タイ、チーフなどの小物を取り入れるファッションも人気を集めています。

「燕尾服(テールコート)」

テールコート

燕尾服(テールコート)は男性用の夜間の礼服で、前身頃が短い一方、後見ごろは長く、裾がツバメの尾(テール)のように2つにわかれていることから、その名がつけられました。
18時以降の晩餐会などに着用する正装として知られており、格式の高い結婚式や披露宴に好んで用いられます。

 

日本ではなかなかお目にかかる機会はありませんが、神戸には格式高い結婚式場が数多く存在しますし、タキシードやモーニングと比べると着用する機会はそうそうないので、一生一度の思い出として燕尾服を選ぶ新郎様も多いようです。

装い

タキシード同様、白と黒でまとめるのが基本ですが、タキシードでは黒の蝶ネクタイをするのに対し、燕尾服では白い蝶ネクタイを身につけます。

 

ジャケットの襟は拝絹がついたピークドラペル。シャツは白無地のウイングカラーで、シングルの袖口が基本ですが、最近はダブルカフスもOKとされています。

 

ジャケットの下には襟付きの白ピケダブルorシングルのベストを着用。素材は蝶ネクタイと合わせるようにします。
アクセサリーは白蝶貝のカフスや、シルクまたは本麻の白無地チーフ。サスペンダーも白色と、基本的には白を基調としたスタイルに仕上げます。

おすすめのシチュエーション

正装スタイルの中でも特に格式高い装いなので、高級ホテルでの結婚式に最適。アンティークな雰囲気にもマッチするので、神戸の歴史あるゲストハウスやシックな雰囲気の挙式会場にもしっくりくるでしょう。

オールマイティに着られる正装「モーニング」

モーニング

モーニングは、名前のとおり午前中に着用する礼服のことです。慶事だけでなく弔事にも用いられるため、比較的オールマイティな正装と言えます。
日本では皇室主催の園遊会や叙勲の授賞式などに出席する際に着用されることが多いため、フォーマルな装いとしては定番のスタイルとして認識されています。

 

結婚式では新郎新婦の親御様や親族の方達が着用することが多いので、新郎様がモーニングを選ぶ場合は、華やかなホワイトや光沢感のある生地のものはいかがでしょうか

装い

基本の装いは黒のジャケットにベスト、そして縞のコール地のスラックスを合わせます。最近ではお色や形のバリエーションも豊富ですので、新婦様に合わせて遊んでみるのも素敵ですよ。

 

ジャケットは1つボタンのピークドラペル。前身頃はウエストから裾にかけてカーブを描いているのが特徴です。シャツは白無地のレギュラーカラーまたはウイングカラーにダブルカフスが基本ですが、シングルカフスでもOK。

 

中に着るベストはジャケットと同じ布を使用したものか、グレーやアイボリー色のものを着用するのが主流です。なお、結婚式の場合は、共布のベスト限定で取り外しできる白襟をつけます。

 

タイはシルバーグレーや縞の結び下げのほか、おしゃれなアスコットタイも人気です。

アスコットタイ

おすすめのシチュエーション

スタンダードな正装なのでどんなシチュエーションにも合いますが、18時までに終了する結婚式に着用するのがベスト

 

また、小物遣いのバリエーションが豊富なので、新婦様とさりげなくコーディネートを合わせたいと考えている新郎様におすすめです。

風格のある和装「紋付袴」

紋付袴

新郎の和装スタイルといえば紋付袴。男性の第一礼装とされており、風格のあるたたずまいが特徴です。新婦様の衣装によっては略礼装の「色紋付袴」を着用することもあります。

装い

新郎様の紋付袴は正式名称を「黒五つ紋付羽織袴」といいます。
その定義としては、黒無地の羽二重の羽織を身につけ、背の中心と両胸、両外袖の計5箇所に染め抜き紋を入れ、長着は羽織と同じ素材といったもの。袴は縞織りの仙台平、そして小物はすべて白一色に統一するものとされています。

 

ただ、新婦様が白無垢や色打ち掛け、黒引き振袖以外の振袖などを着用する場合、新郎様も格を合わせて略礼装の色紋付袴を着用することになります。その場合、白やグレー、茶、紺などさまざまなカラーを選択できるため、個性豊かな装いになるでしょう。

おすすめのシチュエーション

神戸というと「洋」のイメージがありますが、結婚式場の中には和モダンな建物も多くあります。洋館風のイメージでも、アンティークな雰囲気であればあえて和装を選ぶのもありですよ。

新郎様も新婦様と一緒にコーディネートを楽しもう

以上、新郎様が着用するさまざまな結婚式衣装をご紹介しました。
色や小物などにこだわればさらにバリエーションが広がるので、新婦様と一緒にコーディネートを楽しんでみることをおすすめします。

 

試着したり衣装についてもっと知りたい方は、ブライダルフェアに足を運び、相談会に参加してみるとよいでしょう。
神戸のルミエランジェ・ガーデンでは、新郎様もドレス試着に参加していただけます
ぜひ事前予約をしていただき、彼女と一緒にデートを兼ねてブライダルフェアにお越しください。

コーディネートを楽しむ新郎新婦

 

フェアのご案内

ルミエランジェ・ガーデンの魅力を体感!フェアはこちら↓↓

妊娠中の方もフェアにご参加いただけますのでお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

ルミエランジェ・ガーデンの
SNSをフォロー

instagram