• 結婚式を彩る!お色直し用カラードレスを色別に解説!

    結婚式を彩る!お色直し用カラードレスを色別に解説!

純白のウエディングドレスも魅力的ですが、お色直しで着る色鮮やかなカラードレスも、結婚式に華を添える演出のひとつ
「白」という制約のあるウエディングドレスとは異なり、お色直し用のカラードレスは色に決まりがないので選択肢も豊富です。

 

実際、神戸の結婚式場やドレスショップには多種多彩なカラードレスがずらりと用意されています。
それだけに「どの色のドレスを選んだらいいか迷ってしまう…」という新婦様も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、おすすめのカラーを4つピックアップし、お色直し用のカラードレスを色別に徹底解説!
どんな印象を与えるのか、どんな体型・肌色に似合うのかなど、気になる情報をまとめてみました。

ドレスショップ

かわいらしさのある「ピンク」

ピンクのドレスを着た花嫁

女性らしいかわいらしさを醸し出すピンクは、カラードレスの中でも定番色のひとつ。
温かみや清純さを感じさせたい時に選びたいカラーです。

似合う体型・肌色

淡いピンクは、柔らかく女性的な印象を与えるため、スレンダーでシャープな印象の方にもぜひ試していただきたいカラーです。

 

可愛らしいイメージがあるため、普段着ではピンク色を避けられている方もいらっしゃいますが、黄色人種である日本人の肌にもなじみやすく、肌色を血色よく見せてくれます。また、濃いめのピンクでも同じ効果があります。

デザイン

かわいらしさを重視するなら、ふんわりしたプリンセスラインがおすすめ。
名前の通り、スイートなお姫様スタイルを演出できます。

 

甘さ控え目にしたいときは、濃いめのピンクを選んだ上で、ドレスの面積が少ないマーメイドラインがおすすめ。
少しシックな大人の雰囲気を醸し出せます。

ブーケの色味・形

ピンク色のカラードレスなら、同じピンク色のブーケを合わせると統一感が出ます。ただ、ピンクといってもいろいろな種類がありますので、ドレスのピンクとはあえて色味が異なる花を集めると、グラデーションが美しくほどよいアクセントになりますよ。

 

形はかわいらしいピンクのドレスに合わせ、丸い形が特徴のラウンドブーケにしたり、横に広がる華やかなキャスケードブーケにしたりすると、バランスの良いシルエットになるでしょう。

ブーケのスタイルはこちら

清楚・知的なイメージになる「ブルー」

ブルーのドレスを着た花嫁

涼やかなブルーは、白いウエディングドレスとはまた違った清楚なイメージを与えるカラー
甘くなりすぎないので年齢を問わず着こなせるところが特徴です。
イギリス王室の公式カラーであるロイヤルブルーの印象もあり、ブルーは品性のある落ち着いたイメージを与えたい時にも活躍するカラーといえるでしょう。

似合う体型・肌色

ブルーは知的な印象があるため、丸みのある顔の形や胸元にボリュームがある方でも、すっきり見せてくれます。着やせ効果も期待できますよ。

 

肌色については、青みがかったブルーベースとの相性が特に◎。よくなじみ、浮いた印象を与えません。また透明感を強調してくれます。

デザイン

さわやかさを重視するなら、プリンセスラインやエンパイアラインなど柔らかな印象のデザインをチョイスするのがおすすめ。

 

大人っぽく仕上げたいのなら、スレンダーラインやマーメイドラインのドレスに濃いブルーを合わせるとエレガントな雰囲気になります。

ブーケの色味・形

ブルーのドレスとは対照的な、ビタミンカラーや真っ赤なブーケを合わせると、はっと目を惹くワンポイントアクセントになります。淡いブルーのドレスなら、ナチュラルさが魅力的なリースブーケを選ぶとかわいらしさがアップしますよ。

ブーケのスタイルはこちら

明るく元気な印象になる「イエロー」

イエローのドレスを着た花嫁

元気でハツラツとした印象を与えたいのなら、イエローのカラードレスがおすすめ。
太陽を思わせる色合いは陽の光にもよく映え、まわりを明るくするパワーをもたらしてくれます。

似合う体型・肌色

フレッシュな印象のあるイエローは、お人形さんのようなスレンダーな体系の方も若々しい印象に見せてくれますし、メリハリボディの方はより健康的でバランスの良いスタイルに見せてくれます。

 

色白さんはもちろん小麦色に日焼けした肌色にも良く合いますので、体型やデザインなどを重視して選べるのもイエローならではの魅力です。

デザイン

イエローはパッと目を引く存在感のある色なので、あまりごてごてしたデザインのものはNG。
オフショルダーなどすっきりとしたデザインのドレスを着ると、悪目立ちせず、スマートに着こなせるでしょう。
トップがシンプルでも、プリンセスラインやAラインなどボトムスにボリュームを持たせれば、華やかな印象になりますよ。

ブーケの色味・形

イエローのカラードレスは、同系色のイエローやオレンジのブーケとの相性が抜群。濃い色や淡い色のブーケを合わせてメリハリをつけると、同系色でもすてきなワンポイントになります。
ブルーとも相性がいいので、サムシングブルーのブーケをお持ちになるのもおすすめです。

 

定番のラウンドブーケも似合いますが、かごにひまわりやガーベラを入れてブーケ代わりに持つのも、個性的でかわいらしいですよ。

ブーケのスタイルはこちら

インパクトを与えられる「ブラック」

ブラックのドレスを着た花嫁

大人っぽさ、エレガントさの象徴でもあるブラック。しっとりとした落ち着きのある花嫁姿を演出したいなら、積極的に候補に入れたいカラーでしょう。
真っ白なウエディングドレスからのお色直しとしてはインパクトも強く、人の目を惹きつけるような魅力を醸し出してくれます。

似合う体型・肌色

神秘的なイメージのあるブラックは、引き締め効果が期待できる色でもあります。よりスレンダーでモード感をプラスしたい方にはぴったりのカラー。多少ふんわりしたデザインのドレスを身にまとっても、シャープな印象は保たれます。

 

色白の人が着るとさらにドレスとのコントラストが美しく、より肌の白さを際立たせることができるでしょう。

デザイン

胸元が大きく開いたデザインのドレスを着るとデコルテがはっきり見え、肌色とのコントラストがより引き立ちます。
エレガントな雰囲気のブラックですが、マーメイドラインやスレンダーラインのドレスを選ぶと、ブラックの衣装でお越しのゲストとスタイルがかぶりやすいので要注意。
ボトムスにはあえてボリュームを持たせ、新婦様ならではの存在感を出すことを意識しましょう。重めの素材よりはチュールなどの軽やかな記事の方が、華やかさと優しさがよりプラスされます。

ブーケの色味・形

日本では黒=葬祭のイメージが強いため、お色直し用とはいえ上から下まで真っ黒になってしまうのはNG。黒ベースのドレスを選んだのなら、ブーケは赤や黄、ピンクなどおめでたさを感じさせるような色味のものをセレクトしたほうがよいでしょう。

 

ふんわりとした楕円シルエットのオーバルブーケや、流れるようなシルエットが印象的なキャスケードブーケを選べば、我の強い黒色にも負けない存在感を演出することができます。

ブーケのスタイルはこちら

自分に似合う色を知ってカラードレスの魅力をアップさせよう

ブライダルフェアでドレスを試着

一生に一度の結婚式!カラードレスは自分の好みの色が選べるドレスですので、新郎様やゲストの方達みんなに「似合う!」と言われるような、自分にぴったりのドレスを選びたいですよね。
同じ色でもデザインを変えれば与える印象はがらりと変わります。また、体型や肌色に合わせて色味を選べば、自分の魅力をより引き立て、あるいはコンプレックスをより素敵に見せることも可能です。

 

気に入ったカラーがあるのなら妥協することはありませんが、その場合はデザインやブーケの形、色味などを工夫し、バランスのいいスタイルに仕上げることがおすすめ。ドレスも含め、満足いく結婚式を挙げたいとお考えなら、まずはブライダルフェアに足を運び、実際のウエディングドレスを見てみたり、試着を行ったりするとよいでしょう。
普段は選ぶことのなかったお色も、とても似合うこともありますので、どんどん試着してみましょう!

フェアのご案内

ルミエランジェ・ガーデンの魅力を体感!フェアはこちら↓↓

妊娠中の方もフェアにご参加いただけますのでお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

ルミエランジェ・ガーデンの
SNSをフォロー

instagram