• ウエディングドレス姿を2倍引き立たせる!小物・アクセサリーの選び方

    ウエディングドレス姿を2倍引き立たせる!小物・アクセサリーの選び方

女性にとって憧れのウエディングドレスは、
小物やアクセサリーの選び方によっても映え方が変わってきます。

ドレスが決まったら次は小物や装飾品選びです。

目移りしちゃってドキドキワクワク!でも分からないこともたくさんあるはずです。

当日、最高に素晴らしい花嫁姿を披露できるように、
失敗しない小物・アクセサリーの選び方を紹介します。

ベールって何?どんなベールがおすすめ?

ベールって何?どんなベールがおすすめ?

神聖なる花嫁の顔を覆い隠すレース状のものをベールと呼びます。

チャペルなどで挙式の際に、
新郎が誓いのキスをするときに初めてベールアップされます。

そのシーンに憧れる女性も多いのではないでしょうか。

そんなベールは、一般的にはロング丈のものが使用されることが多いです。

顔まわりに小花を散らすようなレースで覆うタイプもあれば、
非常にロング丈で後ろ側に垂らすベールもあります。

長さもショートからロングまでありますので、
ドレスとのバランスを見ながらベールの丈を選ぶと良いでしょう。
フィッティングの際、全身が写るように写真をとってもらうと全体のイメージがよく分かりますよ。

グローブ選びはここがポイント!ショート丈とロング丈、どっちがいいの?

グローブ選びはここがポイント!ショート丈とロング丈、どっちがいいの?

衣装を着た際に腕にはめるグローブも、ショート丈とロング丈があります。

どちらを選ぶかは、挙式する季節や体型、衣装のタイプなどによって選ぶと良いでしょう。

たとえばノースリーブの袖なしドレスの場合、露出を抑えるためにロング丈のグローブを着用する人もいます。

もしくは腕の太さを気にして体型カバーのためにロング丈を使用するケースもあるでしょう。

ロング丈のものは、指先までグローブになっているタイプが多いです。

 

反対に袖があって少し暑く感じるなら、ショート丈のグローブにすれば涼しげです。

暑いシーズンの挙式には、ショート丈のフィンガーレスグローブが人気と言えます。

グローブは、レース模様や素材、カラーなども楽しくチョイスしてみましょう。

気品あるサテン生地のグローブは、光沢もありエレガンスな雰囲気に決まります。

可愛らしい感じに仕上げたいのであれば、フィンガーレスの甘い雰囲気のミニ丈レースグローブがおすすめです。

 

こだわりのネイルを施したい人も、ネイルが見えるようにフィンガーレスグローブを選びましょう。

ヘアアクセサリーは髪型によって選ぼう!

ヘアアクセサリーは髪型によって選ぼう!

カチュームやコサージュ、ティアラなど髪飾りを選ぶときには、どんなヘアスタイルをするのかもポイントになってきます。

ショートヘアであれば、花冠や大きめのコサージュを付けるなどのアレンジをすればキュートに決まるでしょう。

ミディアムやロングヘアの人は、髪をアップにすることも多いです。

その際にはトップに大きな花や羽を飾っても素敵です。

シンプルながら輝きのあるティアラは、大人っぽい雰囲気を醸し出したい人におすすめと言えます。

イヤリングやネックレスの選び方

イヤリングやネックレスの選び方

イヤリングやネックレスはパールの組み合わせのコーディネートがシンプルで上品ですが、少し物足りないという人は思い切ってキラキラ光沢のある大きな装飾品にトライしてみても良いでしょう。

最近は、アクセサリー無しのナチュラルな雰囲気も人気ですので、
衣装とのバランスが取れているアクセサリーを選ぶことがポイント

ヘッドも耳も首元も全てが大きくてインパクトがあると派手過ぎますし、バランスが崩れてしまいます。

見た目が自然に映るように合わせていきたいものです。

インナーにはどんなものがあるの?

ウエディングドレスの下に着用するのが、ブライダルインナー(補正下着)と、

ショーツの上に履くペチコートです。ドレスを綺麗に見せたり、透けないようにする専用のものです。

ドレスの形によってはパニエを着用し、スカートの広がりやボリューム感を出す目的のほか、透け予防に使われることもあります。Aラインやミニスカート、お姫様スカートなどドレスのタイプによって、必要なパニエの型も変わってきます。

パニエはドレスとセットになっている場合がありますが、肌に直接触れる下着は必ず必要で、ご自身で購入することになりますので、ドレス試着の際しっかり打ち合わせして適切な物を選ぶようにしましょう。

まとめ

このように、花嫁が身に付けるものは衣装のほかにもいろいろなアイテムがあります。

上記のほかにも、バッグやシューズを選ばなければならないケースも見られます。

これらを選ぶときには、上から下まで統一感を持たせることを意識すれば失敗しにくいはずです。

テイストやカラー、使う素材やデザインなどがあまりにもちぐはぐにならないよう、上手に組み合わせていきましょう。

全てを試着した状態で一度写真を撮って、自分で見てみると全体のバランスが分かりやすいです。

新郎に見せて感想を聞くのも良いでしょう。

理想の花嫁像をイメージして、楽しみながら納得いくまで小物選びをしたいものですね。

 

神戸の結婚式場、ルミエランジェ・ガーデンでは、ドレスの試着も可能です。小物・アクセサリーの試着もできますのでお気軽にご相談ください!

フェアのご案内

ルミエランジェ・ガーデンの魅力を体感!フェアはこちら↓↓

妊娠中の方もフェアにご参加いただけますのでお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

ルミエランジェ・ガーデンの
SNSをフォロー

instagram